【にんむず】1話感想ネタバレ|面白くないと言われる3つの理由がヤバい!

忍者に結婚は難しい

2023年1月5日(木)22時から新ドラマ「忍者に結婚は難しい」の第1話「離婚危機と秘密任務」が放送されました。

主演は菜々緒さん、その夫役に鈴木伸之さん。

原作は「ルパンの娘」シリーズなどで話題のユーモラスミステリー作家、小説家:横関大(よこぜきだい)先生ということで、放送前から注目が集まっていました。

タイトルが意外と長いので「にんむず」と略され呼ばれている、新ドラマ「忍者に結婚は難しい」ですが、いざ始まってみると「面白くない」というコメントが殺到!

そこで今回は、1話の内容(あらすじ)や感想、面白くないと言われる理由について、見ていきたいと思います。

目次

ドラマ「忍者に結婚は難しい」第1話のあらすじ・感想

2023年1月5日に放送された「忍者に結婚は難しい」の第1話「離婚危機と秘密任務」を観ましたが、全体を通して、個人的には「面白かったなぁ」と思いました。

正確に言うと「面白い設定だなぁ」「これから面白くなっていくのかなぁ」という印象。

あらすじを踏まえながら、面白かったシーンや微妙だなと思ったところをまとめました。

第1話「離婚危機と秘密任務」のあらすじ

忍者に結婚は難しい

薬局で薬剤師をしている草刈蛍(菜々緒)と、郵便局員の悟朗(鈴木伸之)は、結婚して2年半になる夫婦。

ラブラブだったのは初めだけで、些細なことから言い争いになる毎日に不満は募っていくばかり。

蛍は甲賀忍者、悟朗は伊賀忍者で、敵対関係にある忍者の末裔同士ですが、それはお互いに秘密にして暮らしています。

そんななか、与党民事党の国会議員・赤巻章介のスキャンダルを掴むよう司令を受けた蛍。

一方悟朗は、その赤巻議員の警護を依頼されます。

悟朗は離婚寸前の蛍との関係を修復しようと、プロポーズしたレストランでの食事を提案し、約束するも、

蛍が議員宅の偵察に利用したドローンを、悟朗が撃墜したことで、朝まで警護することに。

忍者に結婚は難しい

レストランで1人待つも、約束の果たされなかった蛍は、期待を裏切られ、ついに離婚届を置いて家を出ていきました。

蛍には姉と妹、父親がいますが、悟朗には「家族はいない」と言っていたようで、「LINEを送っても既読にもならない」「職場も休んでいるようだ」と同僚にこぼす悟朗。

忍者に結婚は難しい

その夜、蛍は赤巻議員宅に潜入、悟朗は警護に当たっていましたが、赤巻議員は殺されてしまいます。

議員を殺害したのは蛍なのか、2人の関係はどうなってしまうのかというところで終わった1話でした。

家事に非協力的な夫への不満は共感しかない

今回のドラマは忍者✕夫婦のラブコメディ。

ドラマ冒頭から蛍と悟朗が不満をそれぞれこぼすシーンがあるんですが、その蛍のこぼす不満に共感しかありませんでした。

例えば冒頭のごみ捨てに関するシーン

蛍:「ごみ捨てはしてる」って自慢げに言うんですよ。

「ゴミの日に家中のゴミを集めた袋を玄関に置いてるのは私だよね?あなたはそれを持ってってるだけって言っても、」

「きょとんとして。それも結構な手間だっていうのに…」

「いいんですよ、最悪、それでも。」

「自分で後始末してくれるなら。結局私がやるしかないんですから」

イネぴよ

ゔぁ〜!分かる!
そのイラッと感!!

いま話題になってる「名もなき家事」というやつですね。

実際ゴミ袋をゴミ捨て場に持っていくだけよりも、家中のゴミを集めてまとめて、そのゴミ箱の全てにゴミ袋をかけることのほうがよっぽど大変です。

それなのに「俺はやってる」とドヤる夫。

じゃあ集めるところからやってくれって話です。

忍者要素があんまりない

今どきの忍者は格好も普通、水遁の術みたいなのは使わないということで、昔からある忍者のイメージとは違い、現代の忍者の姿が描かれています。

・手裏剣を投げる
・バランスボールに立っている
・ドローンを飛ばす

忍者っぽい要素は残しつつ、ドローンなんかは今っぽいですね。

忍者は結婚が難しい

正直なところ、悟朗の配達シーンなんかは忍者なんだしサササーッと走って配達してくれよって思いました。

とはいえ、それじゃ忍べてないですもんね〜…

ただ、忍者としてのアクションシーンを期待していただけに忍者要素が地味に感じました。

これは今後の展開に期待したいところです。

蛍の姉妹のやり取りが面白い

忍者に結婚は難しい

スマホで姉妹が会話するシーンは、薬学部に通う大学生で、動画配信で稼ぐインフルエンサーの妹:月乃雀(つきのすずめ:山本舞香)と

競馬の人気ジョッキーである姉:月乃楓(つきのかえで:ともさかりえ)でテンポよく会話が進んでいきます。

悟朗の愚痴から、姉が離婚を煽ったりするのが面白かったです。

この姉妹の今後のやり取りも気になりますね。

知ってるワイフの「剣崎澪」が「山田澪」でゲスト出演

広瀬アリス 忍者に結婚は難しい

今回の「忍者の結婚は難しい」は、2018年8月にフジテレビで放送された「知ってるワイフ」を手掛けた貸川聡子プロデューサー、土方政人監督が制作しています。

「忍者の結婚は難しい」も「知ってるワイフ」も夫婦の関係性についての物語。

1話ではその「知ってるワイフ」に出ていた広瀬アリスさん演じる「剣崎澪」が「山田澪」としてゲスト出演していました。

山田澪は、蛍に司令を届ける諜報員という役柄。

衣装も銀行員をしていた「剣崎澪」の時のと同じだったので、その登場に「わぁぁ!」となりました。

忍者に結婚は難しい

これはプロデューサーと監督が両作を手掛けていたことによる粋な“しかけ”ですね。

しかも今回の「山田」という諜報員。

毎話において、山田役を演じる“スペシャルゲスト”がさまざまな形で登場する予定となっているそうです。

今後この山田が「知ってるワイフ」に登場していた色々なキャストになるのかな…と思うと、「知ってるワイフ」も好きだった人間としては、本当に楽しみなところです。

エンディングにaiko「あかときリロード」と原作小説の漫画

ドラマ「忍者に結婚は難しい」のエンディングにはaikoさんの「あかときリロード」に合わせて、原作の漫画が流れました。

原作は小説なので、この漫画はドラマのために特別にオリジナルで描かれたもののようです。

ちなみにaikoさんの「あかときリロードの」タイトルに入っている「あかとき」とは、夜中から明け方までのことを指す昔の言葉で、その時間帯に想う「悲しい気持ちや嬉しい気持ちをリロードする日々」について描いた楽曲になっているんだとか。

おそらく毎話変わるエンディングの漫画にも注目ですね。

ドラマ「忍者に結婚は難しい」1話が面白くないと言われる3つの理由がヤバい!

2023年1月5日に放送された「忍者に結婚難しい」の第1話「離婚危機と秘密任務」。

意外と多かったのが「途中で見るのやめた。」「TV消した。」という声でした。

なぜ途中離脱してしまう人が多く、つまらない、面白くないと言われてしまったのか。

その理由を調べてみました。

忍者としての演出がショボい

やはり忍者要素が少なかったので、忍者としての演出のショボさを感じた方も多かったようです。

1話は微妙だったというコメントも多くありました。

とはいえ1話というのは、どうしても話の設定の説明部分が長くなりがち…

今回の1話も話が動き出したのは開始か30分ほど過ぎてからでした。

イネぴよ

その間に離脱してしまった方が、多かったのかな…

正直テンポよく引き込まれるようなドラマ展開というよりも、間延びしているような印象でした。

旦那の悟朗にイライラする、不快

今回、ドラマ「忍者に結婚は難しい」を見ていて、イライラした!不快!と感じた方は特に多かったようです。

鈴木伸之演じる、夫:悟朗のだらしなさや駄目さに、見ていてイライラする、微妙な気分になるなど、不快になったことにより、途中で見るのをやめたという方が多いような印象でした。

さらに「忍者に結婚は難しい」というタイトルに対して、これは「忍者だから」じゃなくて、「悟朗(みたいなダメ人間)」に結婚が難しいんだよとの声も。

感情移入できないし、ラブコメっぽくない

個人的に蛍の夫への不満は共感しまくりだったのですが、

忍者という設定が必要だったのか、物語の展開的に感情移入しにくいといった部分に面白くなかったという印象を持った方もいたようです。

また忍者夫婦ラブコメディーと宣伝していたにも関わらず、2年半の結婚生活で夫婦の関係が破綻寸前ということで、1話にラブコメのラブの部分はほとんどなく、新婚時代の描写部分のみ。

むしろ蛍と悟朗が言い争っているシーンのほうが多いです。

忍者に結婚は難しい

コメディ要素として笑いの起こるシーンは特に無かったので、ラブコメ?と思う気持ちも分かります。

初めの1話を見て、2話以降を見るかどうか決める方もいると思うので、1話の微妙さは、今後の視聴率にも関わってきそうですが、

途中までしか見ていないのに、ドラマが面白くないと決めつけられてしまうのも少し悲しい気もします。

1話で微妙いう印象を与えてしまった「にんむず」

今後、忍者要素も増えて、アクションシーンなんかも出て、盛り上がってくるとイイですね!

ドラマ「忍者に結婚は難しい」は、面白い!

一方、面白い!と感じた方も多くいました。

菜々緒さんと鈴木伸之さんが良かった、次回へ期待を寄せているコメントも。

敵同士の夫婦とのすれ違い生活、忍者という設定に面白さを感じた方も多かったようです。

やはり「知ってるワイフ」の澪が出てきたことに驚きましたという方も。

剣崎澪の旧姓が「山田だったっけ?」と「知ってるワイフ」の時の内容と比べ混乱する人もいました。

ちなみに知ってるワイフの「剣崎澪」の旧姓は「建石」なので、「山田澪」ではないですね。

調べてみると、面白かったという方も、つまらなかったという方も同じくらいいる印象。

1話はわりと、設定の説明や導入部分が多いので、話が大きく進むのはこれからなのかもしれませんね。

今後の展開が楽しみです。

【にんむず】1話感想ネタバレ|面白くないと言われる3つの理由がヤバい!

2023年1月5日(木)に、新ドラマ「忍者に結婚は難しい」の第1話「離婚危機と秘密任務」が放送されました。

夫婦の不満に共感しましたし、忍者のラブコメという設定に面白く感じました。

ただ忍者要素は1話は少なめ、もっとアクションシーンなんかがあったらな〜という感じ。

姉妹の掛け合いや、同じ製作者が関わった「知ってるワイフ」のキャラクターが出演するなど、粋な演出もあり、楽しめました。

面白い、つまらないという意見もありますが、私は第2話も見たいな〜っと思ったので、今後の展開に期待です。

原作は最後の畳み掛けがめちゃ面白いようですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次